釣りのシステムを応用したドローンによる水難救助活動が話題

オーストラリアでは、ライフガードがサメを見つけるため、そして海水浴をしている人やサーファーにライフジャケットを届けるためにドローンを使用しています。ほとんどの場合、使用されているのは大型で高価な商業用ドローンです。しかしあるライフガードは、DJIのMavic Proに釣り人が使う餌リリースシステムを搭載し、必要とする人にライフジャケットを届けるという方法をとっています。このクリエイティブなライフガードは、安価で効率的な方法を生み出したと称賛されています。

 

この一件は、ライフジャケットを海に向かって放つMavic Proの写真がFacebookに投稿されたことで話題になりました。このライフジャケットは最初から膨らんだ状態で、Mavic Proがそのような大きな物を運ぶことができるというのは驚きです。

 

水に触れると作動して膨らむ自動膨張式のライフジャケットは、コンパクトでより簡単にドローンで運ぶことができますが、最初から膨らんでいるライフジャケットに比べてコストと手間がかかります。そのため自動膨張式ライフジャケットを毎回ドローンに搭載するのは現実的ではなく、Mavic Proが膨らんだライフジャケットを運ぶことができるのは素晴らしいニュースです。

 

しかし、風が強い日にドローンに膨らんだライフジャケットを運ばせるのは不可能であるということです。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2019/01/14/lifeguards-lifevest-dji-mavic-pro/)

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

© DRONE NEWS