FAA、アメリカ大手保険会社State Farmにドローン飛行規制の免除

アメリカの大手保険会社State Farmは、FAAから史上初の全国に渡るドローン飛行規制の免除を受けることを発表しました。この免除により、State Farmは2022年11月まで人々の頭上及び視界外のドローン飛行を許可されます。

 

2018年にも、FAAはState Farmに一時的なドローン飛行規制の免除を与えていました。2018年9月中旬にアメリカ合衆国東部を襲った「ハリケーン・フローレンス」によって被害を受けた4つの州に対して、ドローンによる被害調査や支援を行うためです。

 

State Farmのシニア・バイスプレジデントであるRobert Yiは、このように話しています。「私達はドローン技術を現実のものにするために、チームで取り組んできました。今回の規制免除によって、私達のスペシャリストはより効率的に顧客の要望に応えることができるようになります。ドローンを使って被害状況を把握したり、物資を届けたりするのです。これは私達の顧客にとって素晴らしいことですし、私達がドローン技術を牽引する存在であることを世に知らしめるでしょう」

 

State Farmは2017年よりVirginia Tech Mid-Atlantic Aviation Partnership (MAAP)と提携してドローンプログラムに取り組んでいます。

NEWS

緊急時に車からドローンが飛び立つ!フォードが新たな特許を取得

NEWS

DJIの新型ドローン「Mavic mini」情報がリーク 超小型の折りたたみドローンか

NEWS

ドローンを使ってクジラの体重を測る アメリカとデンマークの共同研究

NEWS

ミシガン大学が開発した「自動屋根葺きドローン」

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

© DRONE NEWS