サムスンがドローンに関する特許を米国特許商標庁に申請

韓国のエレクトロニクス大手サムスンは、米国特許商標庁にドローンに関する特許をいくつか申請しています。申請した特許16件のうち、5件は2018年に申請されました。DJIが圧倒的なシェアを誇る中、サムスンの参入はドローン業界にとって大きな変化となることは間違いありません。しかし、サムスンは実際にドローンを作ろうとしているのでしょうか?

 

サムスンが申請したドローンに関する特許のうち、最も新しいものは2018年6月7日に申請され、12月13日に認められました。本体が2つのパーツで構成され、アームを折りたたむことのできる、変形可能なドローンについての特許です。またこのドローンは、様々なセンサー、カメラ、ジャイロスコープ、加速度計、気圧計も搭載しています。

 

この特許によって、サムスンは小型かつ折りたたみ可能で、実用的なドローンを作ろうとしているように見えます。特許の中で、このドローンは専用のコントローラーを持たず、サムスンのスマートフォンによって捜査することができると語られています。

 

韓国企業が米国特許商標庁にドローンに関する特許を申請したのははじめてのことではありませんが、そのほとんどの企業は実際にはドローンを作っていません。サムスンが今後ドローンを開発、発売するかどうかは不明です。DJIのドローンMavic Airに対抗するようなドローンが作られるのではないかと予想されています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2018/12/31/samsung-drone-patent/)

NEWS

LAで報道ヘリが緊急着陸 ドローンが衝突か

NEWS

夏のドローン運転には要注意―高温で墜落の可能性も

NEWS

トラックから大砲で打ち上げる新しいドローン「SQUID」

NEWS

釣り人の新・三大必需品はロッド・リール、そしてドローン

NEWS

DJIが周辺のドローンを検知するスマートフォンアプリを発表

NEWS

米カンザス州で初めてFAAに認可された地上基地レーダーを使わないドローンフライトが行われる

NEWS

イギリスでドローンと操縦者の登録が義務化

NEWS

Uber Eats専用ドローンのデザインが公開

© DRONE NEWS