カンザス州立大学、ドローン操縦トレーニングを受けるファーストレスポンダーに奨学金

カンザス州立大学は2019年、パート107によるドローン操縦資格の取得を目指すコースを受講するファーストレスポンダーに500ドルの奨学金を提供すると発表しました。パート107とは、アメリカ連邦航空局(FAA)による小型ドローンの商業利用に関する規則です。

 

カンザス州立大学によると、奨学金によってコース受講にかかる費用の半分をまかなうことができるとのことです。コースには3日間のレクチャーとFAAによる試験が含まれます。レクチャーの内容は、領空、気象、ドローン操縦術、積載物や重心、そしてパート107についてです。警察官、消防士、危機管理組織の職員が奨学金の対象となります。

 

同大学ポリテクニックキャンパス、航空研究センターでドローンに関する研究をしているKurt J. Carraway氏はこう話しています。「コース受講者の約35パーセントが公共の安全を守る職に就く人たちです。ドローンは人の命を守ることのできるテクノロジーです。ファーストレスポンダーにとって、コストがこのテクノロジーを学ぶ障壁になってほしくないと思っています。カンザス州立大学は、FAAがドローンの商業利用に関する規則を制定した当初からこのコースを提供しています。これからも常に人々の安全を守ることに着目しながら、新しいコースを創設していく予定です」

 

NEWS

緊急時に車からドローンが飛び立つ!フォードが新たな特許を取得

NEWS

DJIの新型ドローン「Mavic mini」情報がリーク 超小型の折りたたみドローンか

NEWS

ドローンを使ってクジラの体重を測る アメリカとデンマークの共同研究

NEWS

ミシガン大学が開発した「自動屋根葺きドローン」

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

© DRONE NEWS