イスラエルのvHive、ドローンによる自動点検ソリューションを開発

「vHive」は、自律ドローンを使ってフィールドオペレーションのデジタル化を目指す企業に向けて、クラウドベースのソフトウェア・ソリューションを開発しているイスラエルの企業です。vHiveは2018年11月に、携帯電話の基地局やガイ・ワイヤーの点検をドローンによって完全自動化するシステムを発表しました。

 

vHiveのCTO、Tomer Danielはこのように述べています。「世界中の数百万の携帯電話基地局が点検や調査を必要としています。vHiveのソリューションは、すでに複数の通信会社の基地局点検を自動化しています。また、vHiveはガイ・ワイヤーの点検の自動化に取り組んでいますが、これは非常に複雑です。しかし、基地局や橋などの複雑な構造物のデータを集めるために、何台ものドローンを自動で指揮する我が社の技術を使えば、産業のニーズに答える革新的なソリューションを提供することができます」

 

またvHiveのCEO、Yariv Gellerは、 このソリューションによる点検の自動化は、点検にかかる時間や人件費を削減し、また被雇用者の安全を守ることにつながると話しています。ドローンによる自動点検では、最小限の時間で基地局などの塔の2D及び3Dのビジュアルデータが作成され、分析や共有を行うことができます。ドローンのフライトは完全に自動で制御されるので、導入も簡単です。通信、建設産業だけでなく、様々な産業に進出したいとGeller氏は話しています。

 

(画像引用:http://www.uavexpertnews.com/2018/11/vhive-releases-autonomous-drone-solution/)

NEWS

2020年下半期に行われるドローンカンファレンス オンライン開催も

NEWS

ドローンが間近で捉えたホオジロザメの映像

NEWS

ドローンを使って基地局のアンテナをメンテナンスする新ソリューション

NEWS

カリフォルニアのスタートアップ、ドローンでソーシャルディスタンスを監視するソフトウェアを開発

NEWS

BlackBerryとDedroneが提携、カウンタードローンテクノロジーを開発

NEWS

スコットランドの離島にドローンがマスクを届ける

NEWS

自動種まきドローンが農業の人手不足を救う

NEWS

スイスのFotokite、緊急車両の屋根から飛び出すファーストレスポンダー・ドローンを発表

© DRONE NEWS