16,000フィート以上を飛行可能な中国のドローンX-M20「Crane」

中国の「China Helicopter Research and Development Institute (CHRDI) 」は、2018年11月下旬に「Crane」とも呼ばれる、16,000フィート以上の高度で飛行可能なドローン、「X-M20」を開発したと発表しました。CRHDIによると、高度なピッチ制御がこのドローンの特徴だということです。CRHDIは、中国の代表的なヘリコプター関連の研究機関で、国有企業の中国航空工業集団の傘下にあります。

 

X-M20は、たった44ポンドの重さで、最大高度16,400フィートで飛行することができるドローンです。高い耐風性能を持ち、とても小さな機体にもかかわらず、最大11ポンドの荷物を積載して約1時間という長い飛行時間を誇ります。

 

他のドローンとの違いは、回転翼のピッチ制御によって、飛行の軌道をコントロールできることにあります。例えば、操縦者が回転翼の角度を変更することができるのです。CHRDIは、これによってドローンは高い耐風性能を得るだけでなく、効率的で柔軟な操縦を可能にすると述べています。

 

X-M20の高性能な回転翼は、電力の消費と飛行時の騒音を軽減します。このドローンは国境のパトロール、テロ対策、地理的調査、道路交通の監視等、様々なミッションでの活躍が期待されています。

 

(画像引用:https://dronedj.com/2018/11/21/x-m20-crane-drone-china/)

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

NEWS

ドローンで違法薬物を刑務所に届けようとした男、逮捕され自分が刑務所へ イギリス

© DRONE NEWS