函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

日本経済新聞の2018年12月7日付けの報道によると、北海道函館市で給油所経営を展開するアサヒ商会はドローンを使った巡回・輸送システムを販売する方針を決めました。

 

巡回システムはドローンと操縦装置、カメラ、タブレット端末がセットになります。ドローンの飛行経路や高度、速度をタブレット端末の地図上に設定すると、ボタン操作で自動的に飛ぶ仕組みになっています。ドローンに搭載したカメラで撮影したデータを受信すれば、遠隔地の様子を即時に把握可能。飛行経路や高度などの設定作業は同社が請け負います。

 

農場やキャンプ場の巡回・管理のほか、橋梁などのインフラや建設中のビルの監視での利用を見込んでおり、価格は100万円弱。初年度は10セットの販売を目指していています。

 

また、輸送システムはドローンと操縦装置、カメラ、荷物の投下装置で構成されています。重さ200g以下の荷物の運搬が可能で、弁当など軽量の荷物の配達を想定しているそうです。ドローンは搭載カメラの映像を見ながら操作し、目的地に到着すると高度約50cmから荷物を落下させます。価格は100万円強で、初年度は100セットの販売を見込んでいます。

 

同社は2年前から巡回システムとして、ドローンをゴルフ場の芝生の生育状況や病害虫被害の有無などの確認に使っています。これによって、人による巡回では18ホールで4時間程度かかっていたものが、ドローンでは30分ほどに短縮されたそうです。輸送システムはゴルフ場利用者に軽食を届けるのに利用しているそうです。

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38634770W8A201C1L41000/)

NEWS

スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

© DRONE NEWS