ウェザーニューズとKDDIがドローン運航をサポートする高精細気象予測システムを開発。気象要因による事故の予防に大きく貢献

ウェザーニューズとKDDIは2018年11月15日、ドローンを使用する事業者向けにドローン運航のサポートを目的として、高精細気象予測システムを開発したと発表しました。KDDIが構築する「スマートドローンプラットフォーム」において同日より利用可能となります。

 

同システムは、ウェザーニューズとKDDIの協業で基地局に設置している全国3,000カ所の気象観測装置「ソラテナ」や、ウェザーニューズが独自に収集している全国10,000カ所の気象データなどを活用したシステムです。

 

ドローンの運行には風向風速・地上降水量・天気のほか、気温・気圧・湿度という6つの気象情報が大きく影響します。この情報を250mメッシュ、高度10m単位で情報提供することにより、ドローンを使用する事業者をサポートします。

 

また、このシステムは事故防止のために必要な迂回によるバッテリ負担などを最小限に止めることができるほか、事前に飛行可能ルートの選択肢を多く提供することで、ドローン運航を最適化します。さらに、上空150mまでの風予測もピンポイントに10分間隔で確認できるため、気象要因による事故の予防につながります。

 

このシステムの活用により、例えば、人手不足が深刻な農業分野において、ドローンによる農薬散布時に、風予測から区域外への農薬飛散を防げます。また、全国各地の気象情報をピンポイントで提供するため、工事事業者のドローンを活用したインフラ設備などの点検時や測量や、災害現場などの危険な場所での状況確認や捜索活動を行う際に、安全面・コスト面・スピード面などを向上できるのが特徴です。

(画像引用:https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/15/3485.html)

NEWS

スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

NEWS

中国ECサイトの京東が四川省広安市でドローン配送を正式にスタート。30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送

NEWS

東大とシャープが8企業・団体と連携し、広島県江田島市でドローンを使った「スマートかき養殖」の実証実験スタート

NEWS

函館市のアサヒ商会がドローンを使った巡回・輸送システムを販売。農場やキャンプ場の巡回・管理や軽量荷物の配達を想定

NEWS

ドローンが水難被災者へライフジャケットを届けるサービス開始!ドローンネットが救助活動にドローンを活用

NEWS

FullDepthが水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」を使い茨城県の花貫ダムでダム点検実証試験を実施。ダム上流側壁面の網羅的撮影に成功

NEWS

テラドローンとヤナイ・ソフトウエアーがドローンを用いた屋根点検・積算事業で提携

© DRONE NEWS