大阪府羽曳野市が白鳥型ドローンを導入。「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録を後押し

産経新聞の2018年11月10日の報道によると、大阪府羽曳野市は、白鳥型ドローンを導入しました。

 

これは、同市にある世界文化遺産登録を目指している「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を盛り上げるために導入したものです。

 

「百舌鳥(もず)・古市古墳群」は、倭建命(やまとたけるのみこと)の魂が白鳥となり、羽曳野にも降り立った伝説に由来すると言います。導入した特注品となる白鳥の模型作製には、約30万円を投入したそうです。

 

このドローンは、重量があるため白鳥のままカメラは装着できません。しかし、「飛ばすだけでも注目を集めます」と担当者は語っています。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS