"ドローン・ショー"で第二次大戦中に破壊された旧市街の再建を祝う

ドイツの金融都市であるフランクフルトは、旧市街の再建をドローンの"スカイマジック・ショー"で祝いました。

このスカイマジック・ショーは、第二次世界大戦時に爆撃で破壊された35の建物の再建を祝うイベントで行われました。

フランクフルトのピーター・フェルドマン市長は、今回の再建計画について「街に心と魂を取り戻す」ためのプロジェクトだと話しています。

このイベントのオープニングでは、110機のドローンを使ったライティングショーが行われました。

アトリエ・マークグラフのクリエイティブディレクター、ステファン・ウェイル氏は次のように話します。

「今回のイベントはドローンとライティング(照明技術)、特別に作曲された音楽やスピーチのコラボレーションがポイントです。戦争を思い出させる旧市街や、フランクフルトの市の中心を別の側面から見る事が出来るように工夫し、いかに特別な街であるかを皆さんにお伝え出来ればうれしいです」

ドローンのショーについて"スカイマジック"のプロジェクトマネージャーである植松瞳さんは、「全てのドローンは1つのターミナルからコントロールされ、自律的にフォーメーションを形作っています。それぞれのドローンがいつ離陸し、次に向かう場所はどこか、戻るのはいつかを全て把握しています」と説明してくれました。

(画像引用:https://dronedj.com/2018/10/05/frankfurt-drone-show/)

NEWS

長時間飛行、機敏なターン!猛禽類から着想を得た「羽毛」を持つドローン

NEWS

フグのように膨らんでドローンを守るロボット「PufferBot」

NEWS

火の玉を落とすドローン、カリフォルニア山火事で活躍

NEWS

まるで空飛ぶ自撮り棒!BetaFPVとInsta360が開発する新ドローン

NEWS

iPhone 12シリーズはGoPro代わりにドローンに搭載できる!

NEWS

ドローン臓器輸送の最長距離更新!ドローンが広げる臓器輸送の未来

NEWS

室内を監視するカメラ付きドローンがAmazonから発売 セキュリティは大丈夫?

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

© DRONE NEWS