"ドローン・ショー"で第二次大戦中に破壊された旧市街の再建を祝う

ドイツの金融都市であるフランクフルトは、旧市街の再建をドローンの"スカイマジック・ショー"で祝いました。

このスカイマジック・ショーは、第二次世界大戦時に爆撃で破壊された35の建物の再建を祝うイベントで行われました。

フランクフルトのピーター・フェルドマン市長は、今回の再建計画について「街に心と魂を取り戻す」ためのプロジェクトだと話しています。

このイベントのオープニングでは、110機のドローンを使ったライティングショーが行われました。

アトリエ・マークグラフのクリエイティブディレクター、ステファン・ウェイル氏は次のように話します。

「今回のイベントはドローンとライティング(照明技術)、特別に作曲された音楽やスピーチのコラボレーションがポイントです。戦争を思い出させる旧市街や、フランクフルトの市の中心を別の側面から見る事が出来るように工夫し、いかに特別な街であるかを皆さんにお伝え出来ればうれしいです」

ドローンのショーについて"スカイマジック"のプロジェクトマネージャーである植松瞳さんは、「全てのドローンは1つのターミナルからコントロールされ、自律的にフォーメーションを形作っています。それぞれのドローンがいつ離陸し、次に向かう場所はどこか、戻るのはいつかを全て把握しています」と説明してくれました。

(画像引用:https://dronedj.com/2018/10/05/frankfurt-drone-show/)

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

© DRONE NEWS