ドローン企業とタグボート企業がタッグ、より安全なコンテナ牽引をドローンで実現へ

オランダのドローンソリューション企業、デルフト・ダイナミクスは、より効率的でより安全な牽引作業を行うために、タグボートの安全を監視するドローンシステムを開発する予定です。 この特許が承認されれば、KOTUGはこのドローンシステムを使用する世界初の曳船会社になります。

タグボートは、牽引する大型のコンテナ船との安全で頑健な接続を確立する必要があります。2つの船は、かなりの時間、互いに非常に接近しています。デルフト・ダイナミクスがここでやろうとしていることは、乗組員が危険にさらされることなく、2つの船舶の接続部分をドローンで適切に管理することです。

ドローンによるタグボートとコンテナの管理システムの詳細は以下の動画から確認可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=fU393i9rYLM

動画を見てもわかるように、ドローンは大きなコンテナ船とかなり近い距離まで接近可能になるため、人間の目視による確認に比べてより繊細で精密な管理が可能になります。

この共同イニシアチブは現状では初期段階にあるとのことで、特許の取得やプロセスのトップダウンがまだ終わっていませんが、デルフト・ダイナミクスとKOTUGは近いうちにドローンシステムのテストを開始する模様です。

このシステムがうまく運用されれば、タグボートの管理にとって、より安全で信頼性の高い世界標準ともなり得るかもしれません。

NEWS

ドローンと「粘土団子」で森林面積を増やす取り組み 

NEWS

ドローン用モーター市場、 2020〜2030年に28.4%のCAGRで成長の見通し

NEWS

ParrotとWISeKeyがパートナーシップ締結、ドローンセキュリティの再定義を目指す

NEWS

Skydioが新しいドローン「X2」で商業用ドローンに参入

NEWS

ドローンと花火が魅せる夜空のショー

NEWS

突風や極寒にも耐えて気象データを集めるドローン

NEWS

2020年下半期に行われるドローンカンファレンス オンライン開催も

NEWS

ドローンが間近で捉えたホオジロザメの映像

© DRONE NEWS