DJI社製の新型ドローン「QS8」を採用 岩手県内で初の災害防災協定を結ぶ

2018年5月23日に岩手県ドローン協会は、岩手県雫石町とドローンを利用した災害時などでの業務協力の協定を結びました。

県内の市町村との間で同協会が災害協定を結ぶのは、今回が初めてであり、今後、協会に対して町が年間委託料を負担し、大規模災害および山岳遭難の発生時などに出動を依頼することになります。

岩手県雫石町では2013年8月に発生した県央部豪雨で、道路が寸断されて孤立した地区が発生しました。

近隣した地域には活火山である岩手山と秋田駒ケ岳も存在しているため、いつ災害が起きても不思議ではない状況であり、敏速に対処する必要がありました。

そこで同町では災害発生時にドローンを利用するために、岩手県ドローン協会に対して協力を依頼しました。

岩手県ドローン協会は、2016年4月にドローンの普及と有効利用、関連産業の発展に関して、関係機関、団体、企業と取組みを行うことを目的として設立された一般社団法人です。

現在では、県内外の企業あわせて13社が会員であり、協会では15機のドローンを保有し、会員がパイロットを担当することで、面積の広い同町の複数の地点で運用することが可能となっています。

そして同団体は、県内では大型産業用ドローンを唯一保有している団体でもあります。

なお、これまでのドローンでは、災害現場や中山間部での飛行は電波環境が悪く、通信が困難という問題がありましたが、今回利用されたDJI社製QS8は何らかの原因で通信ができなくても、自動的に目的地へ着陸して安全に物資を運ぶことが可能となっています。

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

NEWS

DJI JAPAN、日本マイクロソフト、NSWが民生用ドローンとAI技術を活用した建築物の外壁調査で協業

© DRONE NEWS