ドローンスクールジャパンが「スマート農業コース」を開講 農薬散布用ドローン認定資格を5日間で取得可能

株式会社スカイロボットは、同社が運営しているドローンスクールジャパンで、農薬散布用のドローンを用いたスマート農業コースの開講を発表しました。

農業に従事する人々の高年齢化により、負担の大きい農薬の散布作業を低コストで容易に行えるドローンが注目を集めています。

農薬の散布にドローンを利用することで、軽トラックへひとりで積みこめ、田畑に到着して数分間で準備が完了し、10分間で1ヘクタールの範囲に散布が可能です。

農薬を詰替え、バッテリーを替えて、1時間あたり最大2.8〜4ヘクタールの範囲まで散布できます。

液体農薬や肥料、除草剤などを最大10リットルまで搭載でき、人手による作業より数十倍、機械を用いた散布より数倍の時間短縮を期待できます。

個人が利用可能な農薬散布用のドローンの登場により、スマート農業の実現に大きな期待が寄せられています。

スマート農業コースの講習は、初心者でも5日間の受講により認定資格を取得でき、今季からDJI AGRAS MG-1を利用して農薬の散布を行うことが可能です。

初心者からプロ向けまでを対象としてドローンスクールの運営で培った知識・技術を活かした独自のカリキュラムを用意しています。5日間ではマスターが難しい人は、専用の追加授業も受講することができます。

====

最短2日で取得!業界プロによる実践的なレッスンにより効率的な資格取得が可能です。

レッスンの受講が可能なお近くの国内ドローンスクールを「DroneSchool.net」でさがそう!

====

NEWS

人材サービス大手パーソルの子会社が4月をめどにドローン人材育成支援事業に本格参入

NEWS

セキドが農薬散布用ドローンを使用する「セキド農業ドローン講習」開催。農薬の散布に必要な技術認証の取得が可能に

NEWS

体験型ドローンSHOP&SCHOOL「ドローン ザ ワールド」が東京・上野にオープン!

NEWS

中国の京東がインドネシア初の政府承認ドローン試験飛行に成功。リュックサック、書籍など配送品は児童へ寄贈

NEWS

テラ・ラボが愛知県春日井市に中部地区最大級の常設屋内ドローン練習場「テラ・ラボ ドローンアリーナ」を設置

NEWS

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンで業務提携。研究所を開設し農業ドローン普及を促進

NEWS

大分県日田市にドローンスクール「NDMC大分日田校」が開設。安全面の知識、技能習得に力を入れる

NEWS

アガタ電子が草津市にドローンの操縦士を養成する総工費1.9億円の「ドローンスクールジャパン滋賀草津校」を開校

© DRONE NEWS