HUBSAN X4 STAR H502C

スペック情報

カメラ性能

カメラ搭載有無
標準
FPV
動画解像度
1280×720
RAW撮影

本体性能

飛行時間
8分
充電時間
120分
操作可能距離
150m
スマホ/タブレット対応
対応OS
Wi-Fi内蔵
障害物検知
自動追尾機能
自動帰還
ジェスチャーコントロール
GPS
GLONASS
折りたたみ
 

サイズ・重量

全長×全幅×全高
320×320×50mm
重量
155g

カラー

カラー
ホワイト
 
 

X4 STAR H502Cについて

中国のおもちゃメーカーであるHUBSUNは多くの低価格かつ高性能なトイドローンを出しています。その中の1つであるX4 STAR H502CはGPSユニットを搭載しており、自動ホバリングや自動帰還が可能です。

 

様々な飛行をアシストする機能を備えていますが、重量は155gなのでトイドローンに分類されており、トイドローンとは思えないような性能が特長のドローンです。

 

高解像度のHDカメラが内蔵されているので、きれいな動画、静止画を撮影できます。屋外でも空撮が楽しめるようバッテリーの飛行可能時間は約8分、操作可能距離は150mです。

 

プロペラガードを付属し、簡単に設置できるカートリッジタイプのバッテリーで、これからドローン空撮を始めたいという人でも安心かつ気軽に楽しめる機体です。

この機種のオススメポイント

X4 STAR H502Cの最大のポイントはトイドローンでありながらGPS搭載モデルであることです。GPSが搭載されていることによって様々な機能が付いています。

1.自動帰還機能

座標メモリー機能では、離陸地点の座標が記録されるので、リターンスイッチを押すだけで機体が離陸地点まで自動で帰ってきます。送信機の電波を受信しなくなった際には記録されている離陸地点まで自動的に帰還するため、機体のロストを防ぐセーフティ機能にもなります。

 

2.自動ホバリング制御による操縦アシスト

ドローンの操縦を習得するうえで大切なのが機体を同じ位置に維持するホバリングです。意外に難しく、初心者は練習が必要な部分ですが、X4 STAR H502Cは搭載されているGPSで高度および座標を制御する自動ホバリング機能が付いています。搭載されている気圧センサーによる高度維持機能もあり、初心者であっても操縦しやすい機体です。

 

3.専用送信機での操縦

しっかりとした大きさの専用送信機は機体の状態をリアルタイムで表示します。バッテリー残量、機体の高度、方向、離陸したポイントからの距離、GPS捕捉数が出て、常に機体状況を確認しながら操縦ができるので、空撮を楽しんでいる間も安心です。

 

機体がどの向きであっても、操縦者から見た方向に動く自視点を基準とした「オリエンテーションモード」にすれば、ドローンの操縦に不慣れであっても、見た通りに機体を動かすことができます。

 

4.空撮を楽しめる高性能カメラ

搭載しているカメラは動画720p、静止画1080pの高解像度HDで、撮影した映像を記録できる4GB MicroSDカードも付属されています。購入したら空撮を楽しめるために必要なものは付属されているのですぐにドローンの魅力を楽しむことができるオールインワンモデルです。