ドローンスクールジャパン大阪市北校

事務局所在地〒553-0007
大阪府大阪市福島区大開3丁目1-34
アクセス方法野田阪神駅徒歩10分

スクール概要

PwC社の発表では、2016年時点で、ドローンの潜在市場規模は15兆円超となっています。
急成長する新しい市場でのビジネスに取り組むにあたって必要とされる技術習得は、当校にお任せください。

スクールからのメッセージ

大阪最大の完全室内型のドローンスクール。
国土交通省管理団体のDPA認定校で、修了者はDPA発行の資格の取得が可能です。

プロインストラクターが国交省飛行許可申請に必要なスキル・知識を丁寧に指導いたします。

大阪駅から2駅とアクセスも良く、天気に左右されることがなく、雨天時でも飛行訓練が可能です。

趣味の枠を超えてお仕事としてドローンをとらえた時、その可能性は一気に広がります。

工事現場、建設土木、農業、インフラ設備の点検など、人間が立ち入りできない場所へのアプローチ手段としてその利便性が大いに注目されています。
だからこそ安全第一。
事故を防ぐためには豊富な知識と確かな技術が必要不可欠です。

安全で便利な航空文化を作るために、優秀なパイロットを一人でも多く輩出するのが当スクールの理念です。

特徴1

大阪のど真ん中にある唯一の国交省登録スクール!実技訓練のために遠方まで移動する必要は一切ありません!

大阪のど真ん中にある、唯一の国土交通省登録講習団体です。

「大阪駅」からわずか2駅の好立地。
阪神電鉄本線、JR東西線、地下鉄千日前線など最寄り5線6駅もあります。

大阪府、特に市内は航空法の関係でドローンを飛ばすことがほぼ全域でできないと言っても過言ではありません。
そのため飛行訓練を行うには車で一時間ほどかけて郊外まで移動する必要がありますが、その不便さを解決したのが当スクールです。

好立地で通学や移動に時間をかけることなくドローンに集中できます。

駐車スペースも完備なので、お車の通学も安心。

特徴2

雨が降っても風が吹いても大丈夫!屋内飛行場には四面すべてに防護ネットがありますので万が一の時も安心!

ドローンは精密機械のため、雨天時は飛ばすことができません。
準備万端整えても、いざ当日雨が降ったりすると練習は中止となります。

梅雨の時期や台風の時期など、せっかくお休みをとったのに雨が降ったからできなかったというお話もよく聞きます。

当スクール専用の屋内飛行場は完全屋内型です。

雨風を気にすることなく練習に集中できる環境をご提供します。
またコントロールミスによる壁面への衝突で機体が損傷するのを防ぐために全方向に防護ネットを設置しておりますので、安心して練習していただけます。

マイドローンが個人練習中に操作不能に陥り、目の前で海に沈んでいったり山奥へ消えていくといった事故の心配もありません。

特徴3

弊社は実際に空撮のお仕事も請け負っている団体です。卒業生の方優先でお仕事の依頼をすることもあります!

ビジネスコース卒業生の方に限り、当社の空撮案件のご案内もいたします。

また、農薬散布のドローン講習や、太陽光パネル・発電所の点検に同席できるコースも、提携校にてご紹介致します。

空撮現場の実際は、最低でも二人の人員が必要です。
大規模な現場になってくると八人~十人ほど有資格者が必要な時もあります。

カリキュラムが終了したらそこで終わりということではありません。

当スクールで身につけた知識や技術を実際の現場で生徒さんに活かしてもらうことで、ドローンスクールとしての社会貢献を目指しています。

画像

豊川 慧海専属インストラクター

ドローンを通じて、新しい空の歴史を創りませんか?

安全な操縦はもちろんのこと、万が一のトラブル時も冷静に対処できる優秀なドローンパイロットの養成を心がけております。
そのために知識や技術の習得はもとより、性別によるリモコン操作の違いやそのコツ、体の向きによってどうしても出てくる操作上の微妙なズレ、無意識に出てしまう利き腕・利き指のクセなどといった、重要なわりに見落としがちところを余すところなくお伝えします。

また生徒さんが何を目的としてドローンを使いたいと思ったのかという内面的な部分もしっかりとお話を伺い、生徒さんの使い道に沿った技術を習得していただけるようきめ細やかな指導を徹底しております。

卒業後は弊社の空撮案件のご紹介・斡旋もいたします!
  • ドローンスクールジャパン大阪市北校 代表 / ドローンネスト株式会社 取締役COO
  • 回転翼3級
  • 回転翼3級インストラクター

平野 隆之専属インストラクター

様々な業界から注目されているドローン。
ドローン業界の未来は明るいです。

自動追跡やGPS・VPSなどの最新機能はもちろん活用しつつ、万が一のときも手動で安全にコントロールできる技術を身につけましょう!

産業用ドローン、いわゆる仕事としてどうドローンを活かすかというノウハウはわたくしにお任せください!

知識や技術はもちろんですが、それ以外にもドローンを導入することによってどれほど仕事の生産性が上がるか、どこをどうすれば時間を有効に使えるか、費用対効果がアップするかといった総合的なビジネスアドバイスも得意としています!
  • ドローンネスト株式会社 代表取締役
  • 回転翼3級
  • 回転翼3級インストラクター

藤永 優空撮担当

正確な知識を身につけ、質の高いトレーニングを積み重ねれば必ず優秀なパイロットとして活躍できる日が訪れます。

コツコツと取り組んでいきましょう!

卒業後の操作技術に関するご相談も、実際卒業生の方からのご要望が多く新メニューとして窓口を設置しました。

また卒業生の方がドローンを使ったお仕事を始められた際、「初めての現場なので手伝ってほしい」「パイロットとして仕事を請け負ったけど、経験者がいなくて困っています」などのお声を受け、対応できるメニューも新たに作りました。

ドローンが社会に貢献できる場を少しでも拡大したい。

そのための、卒業生の皆さんのスキルアップやサポートは可能な限りとことんやっていきたいと思っています!
  • 空撮事業部ドローンオペレーター
  • 回転翼3級
  • 回転翼3級インストラクター取得見込み

SKY CHALLENGE COURSE
スカイチャレンジコース

受講日数90分
受講価格¥10,000(税別)
インストラクター数受講生最大3名につき1名
機体レンタルドローン(無料)

受講時間わずか90分!

ドローン専用飛行場にて、DSJのインストラクターが初心者向けのドローン操縦訓練や空撮テクニックに関するカウンセリングやアドバイスをいたします。

ドローン専用飛行場にて、DS・Jのインストラクターが、『初心者向けのドローン操縦訓練』や、『空撮テクニックに関するカウンセリング&アドバイス』などを行います。

操縦訓練用のドローンは無料でレンタルいたします。 ※雨天飛行可能・練習機貸出無料

「ドローンに興味あるけど、操縦って難しそう……」「話の種として話題のドローンを操縦してみたい!」「いずれ上級のコースを受講しようと思っている」そんな風に考える人たちみんなのためのスカイチャレンジコース。このコースを受講したあなたは、ドローンをぐっと身近に感じるようになるでしょう。 ドローンを使った新しいたビジネスアイデアも湧いてくるかもしれません。

スカイチャレンジコースの受講後に身近に感じるようになるのはドローンだけではなく、DSJに対しても同じです。 「DSJってどんな雰囲気のスクールなの?」 「講師のインストラクターはどんな人だろうか?」 そんなあなたの疑問も解決してくれる、充実した90分となるでしょう。

POINT.01

ドローンのごく基本的な操縦訓練の体験ができます。プロのドローン操縦士から、空撮テクニックに関するアドバイスももらえます。

POINT.02

今話題のドローンに触れてみたい人、空撮のテクニックに興味がある人、本格的なコースを受講する前の肩慣らしとして、幅広い層の受講者を想定しています。

POINT.03

実技講習に必要な各種ドローンを、無料にてお貸し出しします。

POINT.04

受講時間はわずか90分! 1名から参加可能で雨天飛行もできるため、ちょっとした非日常体験として気軽にドローンを操縦してみましょう。

※カリキュラムの最適化を図るため、予告なく内容を一部変更する場合がございます。

※受講人数が3名に満たない場合は、通常より早く終了します。

FLIGHT COURSE フライトコース

受講日数2日間
9:30〜17:00
受講価格¥120,000(税別)
取得できる資格ドローンスクールジャパンの認定資格『DS・J1つ星技能認定』
(※25種類の技能のうち、20種類以上習得で認定)
インストラクター数受講生最大3名につき1名
機体トレーニング専用機体(無料貸出)

ドローンを安全に操縦するための技術、知識が学べます。

ドローンに全く触れたことのない方でも2日間でドローンを飛ばせるようになります!

ドローン操縦経験が10時間未満であっても、フライトコースで無事に資格を取得すれば、本格的なドローン操縦士への道が拓かれます。

フライトコース受講後は、ホビー目的のドローン操縦で自信がつくことに加え、プロ操縦士を目指すためのより実践的な技能を学ぶ「ビジネスコース」受講への意欲も湧いてくることでしょう。

 

【カリキュラム(座学)】

・航空法、法規制などのルール

国内における飛行状況

 

・気象

ドローンと気象

 

・技術

飛行原理/機体構造/GPS/リポバッテリー/通信・電波

 

・運用

安全確保/禁止事項/操作方法

 

・筆記テスト

講習後最後に筆記テストを行います。

 

【カリキュラム(実技)】

・整備・点検

飛行前にドローンやプロポに不備などないか、周りの環境のチェック。

 

・手動操縦(GPSオン)

垂直離着陸・ホバリング・前後左右移動・前方後方斜め移動

 

・手動操縦(GPSオフ)

垂直離着陸・ホバリング・前後左右移動・前方後方斜め移動

 

・手動操縦(GPSオン/オフ)

緊急時の操作方法

 

 

 

 

POINT.01

ドローンを本格的に操縦するには、円移動や四角移動などのさまざまな技能の習得が必要です。

フライトコースではこれらの技能の習得を2日間で目指し、20以上の技能を習得すると、ドローンスクールジャパンの認定資格『DS・J1つ星技能認定』を得られます。『DS・J1つ星技能認定』はビジネスコース受講の要件にもなっています。

 

POINT.02

習得できなかった技能についても、後日スキルアップコースにより習得可能となっていますので安心です。 本コースの受講者は、スキルアップコースの一時間無料券の特典があります。

 

POINT.03

実技講習に必要な各種ドローンを、無料にてお貸し出しします。

 

POINT.04

ドローン専門ECサイト(人気のドローンや注目アイテム多数)の、D・SJスペシャル会員登録が可能です(無料) ※購入ポイントが通常の二倍還元されます!

 

POINT.05

フライトコースに合格すると、ドローンの操縦経験10時間未満の方もビジネスコースの受講が可能! ※雨天飛行可・1名から参加可。

 

※カリキュラムの最適化を図るため、予告なく内容を一部変更する場合がございます。

※受講人数が3名に満たない場合は、通常より早く終了します。

※ドローン無料レンタル・駐車スペースあり

BUSINESS COURSE ビジネスコース

受講日数2日間
9:30~17:00
受講価格¥200,000((税別)
取得できる資格ドローン操縦士協会(DPA)認定の「ドローン操縦士回転翼3級」
インストラクター数受講生最大3名につき1名
機体訓練用ドローン(無料貸出)

★DPA資格取得講座 プロの操縦士を目指せる『基礎技術』が2日間で身に付き、様々な可能性がもてるでしょう。

 

フライトコースより高等な、八の字飛行など、産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技能が2日間で習得できるカリキュラムです。

進行方向を向いた飛行ができます。

仕事で必須の”国土交通省全国飛行許可申請”ができるコースです。

 

【カリキュラム(座学)】

・ビジネスコース概要

ビジネスコースの特徴

 

・赤外線の構造

赤外線の基礎、しくみ、活用方法、サーモグラフィーカメラ/非破壊検査

 

・赤外線を使用した実例

外壁事例

 

・太陽光パネル

問題と予防/故障点検方法/作業の流れ

 

・筆記テスト

講習後、最後に筆記テストを行います。

 

【カリキュラム(実技)】

・手動操縦(GPSオン/オフ)

各方向で四角移動/進行方向で四角移動

 

・手動操縦(GPSオン/オフ)

水平旋回時計回り/水平旋回反時計回り

 

・手動操縦(GPSオン/オフ)

4方向ホバリング

 

・手動操縦(GPSオンorオフ)

八の字飛行・逆八の字飛行

 

 

【対象者】

10時間操縦実績、フライトコース受講合格者

 

POINT.01

8の字旋回や赤外線カメラ撮影等、産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技能が2日間で習得可能です。

 

POINT.02

実技講習に必要な各種ドローンを、無料にてお貸し出しします。

 

POINT.03

習得できなかった技能についても、後日スキルアップコースにより習得可能となっていますので安心です。

 

POINT.04

20種類の技能のうち15種類以上習得で、ドローンスクールジャパン認定資格『DS・J2つ星技能認定』取得可能です。

 

POINT.05

日本初、FLIR DUOを搭載したドローンで実技訓練ができる。 FLIR DUOは、小型赤外線カメラ&小型HDカメラが組み合わさったツインカメラです。 ※ドローンスクールジャパンは日本を含むアジア全域の独占的販売権をFLIR社から得ています。

 

POINT.06

DS・Jのインストラクターチームは、日本全国にて「①夜間・②人口密集地区・③目視外・④建物30m以内」といった航空法規制内においての包括的な飛行許可を、国土交通省より得ています。 この包括的な許可により弊社のインストラクターは、日本全国の航空法規制内エリアにて、国土交通省への事前申請無しにドローンを飛ばす事ができます。

 

POINT.07

ドローンで空撮した映像の解析・加工技術が習得できます。

 

RECOMMEND おすすめ記事

上に戻る