中国「HEISHA」が最新ドローンプラットフォームをリリース、限定キャンペーンも

ドローンの充電ソリューションや無人操縦システムを提供している中国の「HEISHA」が2020年8月20日、新しく「D.NEST」と呼ばれるボックス型のハードウェアプラットフォームを発表しました。D.NESTの購入者先着200名にDJIのドローンMavic 2 Zoomをプレゼント、あるいは1,126USドル割引という限定キャンペーンが行われています。

 

D.NESTは、HEISHAの「Charging Pad C500」第3世代をベースに、保護機能を中心にアップグレードしたもので、信頼性が高く、安定した自動ドローン充電ソリューションです。内蔵AIコンピューターやリモートコントロールベース、ローカルルーターなどを搭載していて、メンテナンスや再開発が簡単です。さらに、他のロボットをまとめるコントロールセンターや、データを蓄積するデータセンターとしても使うことができます。

 

HEISHAはAPIとSDKをオープンソースとして公開しています。D.NESTはDJIのMavicシリーズ及びPhantomシリーズと共に使うようにデザインされていますが、M200、M210、M300、M600、そしてオープンソースのドローンやVTOL(垂直離着陸機)用にカスタマイズすることも可能です。

 

自動でドローンを運用するテクノロジーは、様々な側面で私達の生活をより良いものにする一方で、コストが高くメンテナンスの手間が大きいという課題もあります。そこで、全機種と互換性があり、コストパフォーマンスの高いドローンインターフェイスであるD.NESTに期待が高まっているのです。

 

HEISHAは、最先端科学とテクノロジーを通して、日々の暮らしに本当の価値を与える製品作りを目指しています。1,700平方メートルを超える製造施設を持ち、開発者に向けてコストと時間を削減するソリューションを提供しており、OEMやパートナーシップを積極的に受け入れています。

 

(画像引用:https://www.prnewswire.com/news-releases/heisha-launches-its-latest-advanced-drone-in-the-box-hardware-platform---dnest-301115431.html)

NEWS

長時間飛行、機敏なターン!猛禽類から着想を得た「羽毛」を持つドローン

NEWS

フグのように膨らんでドローンを守るロボット「PufferBot」

NEWS

火の玉を落とすドローン、カリフォルニア山火事で活躍

NEWS

まるで空飛ぶ自撮り棒!BetaFPVとInsta360が開発する新ドローン

NEWS

iPhone 12シリーズはGoPro代わりにドローンに搭載できる!

NEWS

ドローン臓器輸送の最長距離更新!ドローンが広げる臓器輸送の未来

NEWS

室内を監視するカメラ付きドローンがAmazonから発売 セキュリティは大丈夫?

NEWS

新しい視点から世界を見つめる 「ドローンフォトアワード2020」受賞作品が発表

© DRONE NEWS