ANAHDと福岡市が唐泊港から玄界島までドローンで物品を運ぶ実証実験を実施

日本経済新聞の2018年11月21日付けの報道によると、ANAホールディングス(HD)と福岡市は2018年11月20日から22日の間、ドローンを使い離島まで物品を運ぶ実証実験を実施しました。

 

この実験では、海産物や医薬品など1kgの荷物を、福岡市西区の唐泊港から玄界島までの約5kmを運搬しました。目的は、安全性や環境性能を確認して、将来的にはドローンを使った物流網を構築することです。

 

具体的な実験内容としては、唐泊の公園から玄界島のヘリポートまで、オペレーターがドローンを直接目視することなく飛行しました。ドローンは離陸後に70mまで高度を上げ、時速36㎞で平行移動しました。そして、漁船なら15~20分ほどかかるという約5kmの区間を約9分で飛行しました。

 

この実験について、市漁業協同組合・玄界島支所の細江四男美氏は「海がしけて船が欠航し、食料や新聞が届かないことがしばしばある。ドローンが雨や風にも強ければ助かる」と語りました。さらに、サザエやアワビなどの旬の食材を、新鮮なまま都心に配送できればPRにもなると期待しています。

(画像引用:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38036340R21C18A1LX0000/)

NEWS

スイスで児童の近くにドローンが墜落、スイスポストはドローン配送を無期限停止

NEWS

セキドが産業向けドローンの無料総合説明会「産業ドローン&関連ソリューション説明会」を全国11カ所で開催

NEWS

AIを用いたドローン事業を展開する新会社イーエムアイ・ラボが長野県に設立

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

熊本県南小国町でドローン飛ばし放題できる「南小国ドローン手形」が利用者60名突破を記念し1億円の対人対物保険など新サービス追加

NEWS

MIT、ドローンが未知の環境を正確に自律飛行するためのリアルタイム・フレームワークを発表

NEWS

ドローンネット、世界初のオンライン対戦型ドローンレース場「スカイファイト」全国10カ所にオープン!

NEWS

SkyLink Japanがドローン総合機体保守プランのサービスを拡充。低価格プランと無制限の整備プランを用意

© DRONE NEWS