ケント州立大学、米陸軍研究所から資金提供を受け軍事用ドローンを研究

オハイオ州・ケント州立大学の研究者は、米陸軍研究所からドローンに関する研究助成金を支給されました。

 

130,000ドル以上の助成金を受け取ったのは、航空宇宙工学の助教授Blake Stringer氏です。新世代の中型ドローンにおける推進システムの研究のためだといいます。

 

Stringer氏は次のように話しています。「ドローンシステムは21世紀の航空産業、航空宇宙産業に混乱をもたらす存在になりつつあります。このテクノロジーは社会の機能すら変えようとしているのです。どんな規制を、どのように実施して、どうやって活用していくのか、よく考えなくてはなりません。ドローン産業がどこまで大きく発展するのか、予測することは難しい」

 

退役軍人であるStringer氏は、米陸軍研究所やテネシー大学と協力して、軍事における様々な用途のドローン開発に実現可能性があるかを調査する予定です。

 

軍事目的で利用されるドローンは大きな動力を必要とします。動力源をどうやって確保するかが今後の課題です。Stringer氏は次のように述べています。
「ガスタービンやピストンエンジンなしに、必要な動力を確保する方法を探っています。ある種のハイブリッド推進システムが採用される可能性が高いでしょう。例えば燃料を使ってバッテリーを充電し、大きな動力を必要とするときはバッテリーから動力を得るのはどうだろうか。課題は山積みです」

 

(画像引用:https://unmanned-aerial.com/kent-state-works-on-army-funded-drone-propulsion-research

NEWS

NASAは原子力ドローンで土星の衛星タイタンを目指す

NEWS

アメリカの人類学者、ドローンを使ってアフリカのマラリアに立ち向かう

NEWS

Flirtey Inc.が新たな配送用ドローンを発表 アメリカ

NEWS

中国が開発、ネットで敵を捕まえる「スパイダーマン」のようなドローン

NEWS

南米・アマゾンの森林火災の実態ードローンがとらえた映像

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

© DRONE NEWS