有視界外飛行ドローンがカナダで土地調査プロジェクトを完了

商業用ドローンの運用をしているカナダの「IN-FLIGHT Data」は、固定翼ドローンを販売するスイスの会社「senseFly」と提携しました。二社は都市部でのドローンによるBVLOS(Beyond visual line of sight、有視界外)飛行を利用したプロジェクトに取り組んでいます。

 

このプロジェクトは、アルバータ州カルガリーにおいて墓地開発のための土地調査を目的に行われました。カルガリー市内に新しい墓地が作られるのは1940年以来初めてです。senseFlyの固定翼ドローン「eBee Plus」を使用して、IN-FLIGHT Dataのチームが土地調査行いました。有視界外飛行は合計414kmに及び、その間パイロットとドローンの距離は平均して2.35km離れていたといいます。

 

地上からのアクセスに制限がある墓地の土地調査には、ドローンの利用が適切だと二社は話します。さらに、調査対象の土地が自然保護区や鳥類保護区に隣接していることから、車両での土地調査に比べて環境への影響が少ないドローンは、より好ましい選択肢といえるでしょう。

 

2018年9月29日にプロジェクトは完了し、カルガリー市に土地調査の結果が提出されました。カルガリー市はこのデータと、墓地建設の進展情報を市民に公開しています。

 

(画像引用:https://unmanned-aerial.com/urban-bvlos-drone-project-completed-at-cemetery-site )

NEWS

アメリカ・Amazonが新たに52の特許を取得 顔認識で本人確認するドローンなど

NEWS

米ウォルマートがブロックチェーンを使ってコミュニケーションするドローンの特許を申請

NEWS

FAAがドローン操縦者向けアプリをリリース。飛行可能範囲がマップ上でわかりやすく

NEWS

ドローンによる空港閉鎖が相次ぐ ドバイ国際空港で離陸が30分間停止

NEWS

米オクラホマ州政府、新たなドローン規制法案を検討

NEWS

翼幅38メートルの大型・高高度ドローンでマッピングや自然観測 イギリス

NEWS

参加条件は脳みそがあることだけ!「脳波ドローンレース」が南フロリダ大学で開催

NEWS

サーマルカメラ搭載のドローンで地雷探知 ニューヨークの大学生が開発

© DRONE NEWS