ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

ドローンの飛行許可申請には原則として10時間以上の飛行経験が必要!

国土交通省にドローンの飛行許可を申請する際、原則として10時間以上の飛行経験がないと許可を得るのが難しいとされています。

では、飛行経験を積むドローンの機種はどれでも構わないのでしょうか、飛行経験はどのような方法で確認されるのでしょうか?

 

どのドローンでも飛行経験に含めることができる?

 

どのドローンでの飛行も許可申請に必要とされる飛行経験に含めることができるわけではありません。

規則上、10時間以上の飛行経験は、200g以上のドローンで行う必要があります。つまり、ホビードローン・トイドローンと呼ばれるような200g未満のドローンで行った飛行は、飛行経験の時間に含めることはできません。

ただ、10時間以上の飛行経験は、飛行許可を受けたいと思っている機種で行う必要はありません。200g以上のドローンであれば、どの機種でも、また複数の機種でもよく、合計10時間以上になっていれば問題ありません。

では、許可申請をする際に、10時間以上の飛行経験を証明する書類などを提出する必要はあるのでしょうか?

答えは「ノー」です。つまり、自己申告制ということです。基本的に飛行時間の裏付けを要求されることはありません。ただし、今後ルールが変更になって、資料の提出が必要になる可能性もありますから、ドローンを飛行した日時、操縦者、飛行場所、離着陸時間など、飛行記録の詳細を取っておくと安心です。

では、200g以上のドローンでの10時間以上の飛行経験はどのように積んだらいいのでしょうか?

許可なしでドローンを飛ばせる場所を探して練習するという手がありますが、そのような場所は非常に限られますので、現実的には難しい場合が多いです。

そこで、おすすめなのが屋内で練習することです。四方が壁に囲まれた屋内の施設であれば、航空法の規制の対象外となりますので、自由にドローンを飛ばすことができます。市民会館や体育館など、広い場所が必要になりますが、グループで借りれば費用を抑えられるでしょう。

また、ドローンスクールに通うのもおすすめです。ドローンの操縦を講師に教わりながら10時間以上の飛行経験を積める上に、資格も取得できます。今後ドローンを長く楽しんでいきたいのであれば、スクールの受講もぜひ検討してみてください。

COLUMN

ドローンFAQ

田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは違法?

人があまりいないような田舎で列車が走っているところをドローンで追いかけて撮影するのは、違法なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンを海上飛行させるのに国土交通省の許可は必要?

ドローンを飛行させる場合、様々な許可申請を行わなければなりません。では、ドローンを海上で飛行させるのに、国土交通省の許可は必要なのでしょうか?

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可を取得するのに必要な飛行経験は?

ドローンの飛行許可を得るには、どれくらいの飛行経験が必要になるのでしょうか?詳しく紹介していきます。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの飛行許可や承認は何歳から受けることができる?

趣味やビジネスなど幅広い利用が期待されているドローンですが、ドローンの飛行許可を受けるに、年齢制限はあるのでしょうか?ドローン飛行許可の年齢や許可申請について紹介します。

COLUMN

ドローンFAQ

ドローンの操作方法はモード1とモード2のどちらが主流?おすすめのモードは?

ドローンを操縦するのに選ばなければならない送信機(プロポ)のモード。モード1とモード2がありますが、いったいどちらが主流なのでしょうか?ここではモード1とモード2の違いや、どちらがおすすめなのかについて解説します。

COLUMN

ドローンFAQ

仰角撮影で広がる可能性!上向き撮影可能なドローンを紹介

ドローン空撮といえば上空から見下ろすダイナミックな映像が印象的ですが、「仰角撮影ができればさらにドローン空撮の可能性が広がるのに」と考える人もいるようです。今回はドローンのカメラの角度について説明し、仰角撮影ができるドロ […]

COLUMN

ドローンFAQ

メリットの多い農薬散布用ドローンの導入!自己所有の畑で飛行練習をするのに許可は必要?

農業で欠かすことのできない作業のひとつが農薬散布ですが、ドローンを導入することにより多くのメリットを享受している農家が増えています。ここでは農薬散布にドローンを導入することのメリットと、自己所有の畑で飛行練習をするのに許 […]

COLUMN

ドローンFAQ

DJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジ!注意点と対処法を解説

その重さ199g。DJI MAVIC miniは航空法対象外で飛ばしやすいだけでなく、本格的な空撮もできると評判です。今回はDJI MAVIC miniで流氷撮影にチャレンジする際の注意点と対処法を解説します。

© DRONE NEWS